ノードグリーンの評判は?種類や選び方を元腕時計販売員が徹底解説!

ノードグリーンは、今徐々に人気が出てきている北欧の腕時計ブランドで、比較的お求めやすいながらも、シンプルで高品質な腕時計が多いです。

素材にこだわっていて高級感があり、さらに権威あるデザイン賞を受賞するなど、品質、見た目ともに優秀で、今後より人気が高まっていくでしょう。

今回は、そんなードグリーンの評判や、選び方などを元腕時計販売員の目線から紹介していきます。

『フィロソファ』『パイオニア』『ネイティブ』のすべてのモデルを使ってみて、感じたことまで紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

ただいまノードグリーンは、全商品15%OFFキャンペーンを行っています。

こちらの記事内からノードグリーンのページの飛んでいただき、「TOKEINAVI」とクーポンコードを入れていただくと全商品15%OFFになります。

これを機にぜひチェックしてみてください。

 

ノードグリーンのイメージや評判は?

まずは、ノードグリーンのイメージや評判について調査した結果を紹介していきます。

腕時計販売員として、ノードグリーンについて紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

まだ認知度はそこまで高くない

正直認知度はそこまで高くないです。

筆者も週に数度、1年ちょっとの間つけていますが、話題に出たことは数度しかありません。

人にそこまで知られていないシンプルな時計が欲しいという方にもぴったりでしょう。

シンプルなので良いイメージを持たれる方も

シンプルながらも、デザイン賞を受賞しているモデルもあり、良いイメージを持っている方も多くいらっしゃいます。

販売員仲間に話を聞いても、「使いやすそう」「可愛いデザイン」などといった声も多く、認知度がそこまで高くないものの、好意的な声が多いです。

この価格帯で、人からの印象まで考えた際、間違いないモデルと言えるでしょう。

男女問わず注目されている

ノードグリーンは、ネットでの検索数、店舗での問い合わせなどが最近徐々に増えてきていて、男女問わず注目されているブランドです。

シンプルながらも、サファイアガラスや医療シーンでまで利用されている高品質なステンレスを採用しているなど品質が高いのが注目されている理由でしょう。

使いやすく、品質も高い、さらに腕時計としては比較的お求めやすく、非常に優れた腕時計です。

 

ノードグリーンの種類

ここからは、ノードグリーンの3つのモデルについて紹介していきます。

それぞれ実際に使ってみて、特徴を紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

※画像のモデルが基本となり、文字盤のカラーやベルトの種類が様々あるので、そちらもチェックしてみてください。

王道で使いやすい『フィロソファ』

ノードグリーンの腕時計はすべて幅広く服装に使いやすいですが、中でも特にフィロソファは使いやすいです。

スーツからカジュアルまで使えるすっきりしたデザインとなっていて、1本持っておくと腕時計に困ることがないでしょう。

初めて腕時計を持たれる方にも非常におすすめできる1本です。

サイズ 直径40×厚さ7.84mm
合う服装 ほぼすべて(スーツにも◎)
タイプ 電池式
防水性 3気圧防水
数多くの賞を受賞している世界的なデザイナーが作っていて、ヨーロッパをはじめ世界的に人気が高いノードグリーン。 日本でも、ファッション関係者...

 

デザイン賞も受賞しているおしゃれな『パイオニア』

ノードグリーンのクロノグラフモデルである『パイオニア』は、レッドドットデザイン賞という権威あるデザイン賞を受賞していて、デザインに定評のあるモデルです。

クロノグラフながらも、すっきりしたデザインは、服装を良い雰囲気に仕上げてくれるでしょう。

シンプルながらも、ちょっとこだわりたいという方にぴったりの腕時計です。

サイズ 直径42×厚さ11.9mm
合う服装 カジュアル
タイプ 電池式
防水性 10気圧防水
レッドドットデザイン賞という権威あるデザイン賞を受賞し、幅広い方面から支持が厚い『ノードグリーン パイオニア』。 すっきりしたデザインなが...

 

シンプルで上品な印象のある『ネイティブ』

『ネイティブ』は、秒針までなくしたシンプルな作りで、上品な印象があります。

ドレスウォッチとして、きれいめスタイルを格上げしてくれるでしょう。

また厚さ8.35mmと厚みもかなり抑えられていて、邪魔に感じる方も少ないです。

シンプルで品が良く、邪魔にならない腕時計を探している方におすすめできるモデルとなっています。

サイズ 直径40×厚さ8.35mm
合う服装 きれいめ、スーツ
タイプ 電池式
防水性 3気圧防水
上質ながらも、比較的お求めやすく、使いやすいデザインから徐々に人気が出てきている北欧ブランドノードグリーン。 そんなノードグリーンの中でも...

 

ノードグリーンの選び方

ここからは、ノードグリーンのそれぞれのモデルについてどのように選んでいけばいいか、どういったものがおすすめかといった点を紹介していきます。

腕時計販売員として多くのお客様の購入をサポートしてきた経験から、外さないポイントを紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

  1. よくする服装から選ぶ
  2. ベルトとの相性から選ぶ
  3. サイズ、存在感から選ぶ

よくする服装から選ぶ

腕時計で考えると、ネイティブが最もすっきりしていて、パイオニアはデザイン性が高く、フィロソファはその間といったイメージです。

腕時計 相性の良いもの
ネイティブ

無地のもの、シャツ、ジャケット、細身のパンツなど。
パイオニア

柄やプリントのもの、パーカー、デニムジャケット、デニム、太めのパンツなど。
フィロソファ

基本的にどんな服装にも合わせやすい。

すっきりシンプルな格好であれば『ネイティブ』、柄物や緩めの格好が好きであれば『パイオニア』といった選び方も良いでしょう。

ベルトとの相性から選ぶ

ノードグリーンは、それぞれの腕時計に対し、かなり色んなベルトを選ぶことができますが、正直相性もあります。

お好きな組み合わせが良いかと思いますが、相性が良いとされるモデルとベルトは以下の通りです。

  • フィロソファ→メッシュベルト
  • パイオニア→3リンクメタルブレス
  • ネイティブ→レザーベルト

公式サイトで、色々合わせてみることもできるので、見てみるだけでも面白いでしょう。

サイズ、存在感から選ぶ

見た目の面でも、使い勝手の面でも腕時計の存在感は重要なポイントです。

ノードグリーンのモデルのサイズを比べてみると以下の通りとなっています。

腕時計 サイズ
フィロソファ

直径40mm
厚さ7.84mm
パイオニア

直径42mm
厚さ11.9mm
ネイティブ

直径40mm
厚さ8.35mm

実際のサイズで言うと、フィロソファが一番小さいですが、フィロソファとネイティブの厚みは1mmも変わらないのでこの2つはほぼ変わりません。

印象的にもそこまで変わりませんが、文字盤がよりシンプルなネイティブの方が存在感は少なく、さりげなく腕元を飾ってくれるでしょう。

それぞれ以下のような方におすすめです。

  • 存在感のある腕時計が欲しい
    →パイオニア
  • すっきりしたデザインが好き、腕が細い
    →ネイティブ
  • 使いやすいながらも程よい存在感が良い
    →フィロソファ

>公式サイトで詳細をチェック

 

ノードグリーンはクーポンで安くなる?

ただいまノードグリーンは、全商品15%OFFキャンペーンを行っています。

下記のバナーなどこちらの記事内からノードグリーンのページの飛んでいただき、「TOKEINAVI」とクーポンコードを入れていただくと全商品15%OFFになります。

これを機にぜひチェックしてみてください。


 

まとめ

今回は、ノードグリーンの評判や種類、選び方について紹介しました。

ノードグリーンは、今徐々に人気が出てきている北欧ブランドで、素材の質にまでこだわり、価格の割に非常に品質が高いです。

『フィロソファ』『パイオニア』『ネイティブ』それぞれすべてに魅力があるので、気になるものがあったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

Sinn(ジン)の魅力とおすすめ人気モデル!ドイツ製質実剛健な腕時計ブランド!

【元腕時計販売員が厳選】セイコー ブライツの魅力とおすすめモデル11選!

【元腕時計販売員が厳選】セイコー プレザージュのおすすめモデル15選!

【元販売員が厳選】デジタルでおすすめの人気G-SHOCK12選!

30代男性におすすめのセイコーの腕時計10選!【元販売員が徹底調査】

【元腕時計販売員が厳選】ロンジンの魅力とおすすめ人気モデル11選!