【使用レビュー】ハミルトン オープンハートの魅力や評判を徹底調査!

大胆にカットされた文字盤が特徴的な『ハミルトン オープンハート』。

時計の心臓部が見えることで、おしゃれさも機械感も楽しめる1本となっています。

今回は、そんなハミルトンオープンハートを実際に4年使ってきた経験、販売員として取り扱ってきた知識から、魅力や特徴、評判を紹介していきます。

オープンハートを購入する方が、他のどの腕時計と迷っているのかまで紹介していくので、購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

ハミルトンの歴史と魅力

まずは、ハミルトンの歴史や魅力について紹介していきます。

ハミルトンには、愛される魅力と歴史を多く兼ね備えているので、ぜひチェックしてみてください。

アメリカの軍用時計を作っていた

1892年に創業したハミルトンは、もともとアメリカの軍用時計を作っていた歴史があります。

軍は特に時間と耐久性が重要なので、国から信頼されたブランドしか軍用時計を作ることができません。

ハミルトンは、そんな軍の時計を作っていた歴史があり、各方面から支持されていると言えるでしょう。

特徴的な2種類のシリーズ

ハミルトンは、ジャジーで上品なかっこよさがある『ジャズマスターシリーズ』軍用時計がもとになっていて男臭いかっこよさがある『カーキシリーズ』の2種類がります。

オープンハートは、ジャズマスターのシリーズで、上品なかっこよさがあります。

コスパ最強と言われるくらい機械の品質が高い

ハミルトンは、もちろん安くはありませんが、この価格帯にしては機械の質が圧倒的に高いので、コスパ最強と言われています。

販売店でも5~10万円の価格帯では一番人気があり、間違いないと言えるでしょう。

腕時計好きはほぼ通る腕時計

周りの腕時計好きを見ていると、ハミルトンはほとんどの人が一度通る道です。

10万円前後でもちろん安くはありませんが、この価格帯で高級時計のような質の高さがあるので、腕時計好きになるきっかけにもなります。

機械式腕時計デビュー、もっと腕時計について詳しくなりたいという方に非常におすすめです。

関連記事

アメリカ発のブランドで、軍用時計としても使われていた『ハミルトン』。 一般の方からは、ちょっといい時計、マニアからはコスパ最強時計と言われ...

 

ハミルトン オープンハートの基本情報

ハミルトンのオープンハートは、40mmの定番モデルと42mmの新モデルの2種類あります。

それぞれの基本情報を紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

40mmの定番モデルの基本情報

画像出典:Amazon

昔からあるスタンダードなオープンハートは、40mmという標準的なサイズ、バランスの良いデザインから、非常に使いやすいです。

40mmなので、邪魔にもならないですし、服装を選ばず使うこともできます。

持つ前は使いにくいかもと思いがちですが、実際かなり色んな服装に使えるので、機械式時計デビューにもおすすめです。

正規価格 107,800円(税込)
サイズ 直径40×厚さ11mm
タイプ 自動巻き
カラー 10パターン
ベルトの種類 メタル、革
合う服装 きれいめ

 

42mm新モデルの基本情報

画像出典:Amazon

新モデルは、42mmにサイズアップして少し存在感が増しています。

さらに数字が少しすっきりしていて、きれいめファッションに使いやすいでしょう。

スーツはもちろん、シャツやジャケット合わせると、大人のおしゃれができます。

正規価格 122,100円(税込)
サイズ 直径42×厚さ12mm
タイプ 自動巻き
カラー 9パターン
ベルトの種類 メタル、革
合う服装 きれいめ

 

ハミルトン オープンハートの使ってみた感想と魅力

『ハミルトン オープンハート』は、本当に魅力的な腕時計です。

ここからは、オープンハートを使ってみた経験から、感想や魅力について紹介していきます。

まず簡単に紹介すると以下のような内容となっていて、それぞれ詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

  • ハミルトンの中でも特に質が高いH-10の機械が使われている
  • 大胆にカットした文字盤がクールでかっこいい
  • 程よいサイズ感で色んな場面で使える
  • ベルトも豊富で色んな表情を楽しめる

ハミルトンの中でも特に質が高いH-10の機械が使われている

画像出典:Amazon

オープンハートには、ハミルトンの中でも特に質が高いH-10という機械が使われています。

H-10の特徴・80時間パワーリザーブ
・高い精度
・時計の機械の会社ETA社との共同開発

自動巻きの腕時計は、腕の振りでゼンマイが巻かれて動く仕組みなので、しばらく置いておくと止まってしまいます。(またつけると動き出します)

その時間は腕時計によって様々なのですが、オープンハートは、80時間とかなり長いパワーリザーブがあります。

さらに精度も高く、使っていて不便に感じることはないでしょう。

腕時計の機械を専門に作っている会社との共同開発でできた、この価格帯としてはあり得ないレベルの質の高さです。

大胆にカットした文字盤がクールでかっこいい

画像出典:Amazon

文字盤が正面から透けている腕時計は多くありますが、ここまで大胆なカットは他にないでしょう。

小さく丸く見えているか、もしくはすべて透けているくらいで、オープンハートはその間をとった珍しい形と言えます。

実際私もつけていておしゃれと言われることも多く、幅広い方の感性に触れる腕時計です。

程よいサイズ感で色んな場面で使える

画像出典:Amazon

40mmが男性の腕時計としては最も使いやすいという声が多いサイズです。

さらに厚みも程よいので、服装的な使いやすさも、邪魔にならないという意味の使いやすさも兼ね備えていて、どんな場面でも最適なサポートをしてくれるでしょう。

私も実際私服でもスーツでも使っていましたし、そういう使い方も非常におすすめです。

ベルトも豊富で色んな表情を楽しめる

画像出典:Amazon

オープンハートは、純正でも「ブラックレザー」「ブラウンレザー」「メタルベルト」の3種類のベルトがあり、使っていくうちに替えることもできるので色んな表情を楽しむことができます。

さらには、純正以外のベルトでもかなり合うので、飽きずに使うことができるでしょう。

めんどくさくなってしまって、腕時計をつけなくなってしまった経験がある方にもおすすめです。

関連記事

腕時計を使っているとベルトが劣化してくることがあるかと思います。 革のベルトであれば、穴が避けてしまったり、ボロボロになってしまったり、金...

 

ハミルトン オープンハートと相性が良い服装

ここからは、オープンハートとの相性が良い服装について紹介していきます。

色んな服装で合わせやすいと言えど、特に合うファッションがあるので、ぜひチェックしてみてください。

柄シャツ

オープンハートは、柄シャツとの相性が最高です。

あまり派手すぎる柄というよりは、ドットやストライプ、ペイズリー柄などのシャツと合わせると、大人感とおしゃれさが演出でき、非常にかっこいいでしょう。

ジャケット

シンプルなジャケットとも相性抜群で、クールに決まるでしょう。

オープンハートは、シンプルな服装にはアクセントに、派手な服装にはまとめ役になってくれるので、非常に優秀な腕時計です。

スーツはもちろん、普段着でもジャケットが多いという方には、非常におすすめです。

デニムジャケット

ジャズマスターのシリーズですが、デニムと合わせてカジュアルダウンさせても非常にかっこいいオープンハート。

カジュアルめのデニムジャケットでも、すっきりしたきれいめ寄りのデニムジャケットでもばっちり合ってくれるので、万能時計と言えます。

 

ハミルトン オープンハートと比較されるモデル

ここからは、ハミルトンとそれ以外のブランドも含め、オープンハートとよく迷われる腕時計について紹介していきます。

好みが似たものになりますので、後悔しないためにもぜひこちらも見てみてください。

スプリットオブリバティ

画像出典:Amazon

スピリットオブリバティもハミルトンの中ではトップクラスの人気を誇り、アンティーク加工されたベルトが、ダンディなかっこよさを演出してくれます。

オープンハートも十分落ち着いていますが、より落ち着いた大人なおしゃれがしたい方には、『スピリットオブリバティ』がおすすめです。

 

レイルロードスケルトン

画像出典:Amazon

『レイルロードスケルトン』は、ハミルトンの中でも時計技師から人気が高い1本です。

ハミルトンの中で最高傑作と言われ る機械が使われていて、この価格帯でこの機械の質はあり得ないと言われるレベルとなっています。

特に機械の作りの良さ、性能を求める方は、ぜひ『レイルロードスケルトン』を検討してみてください。

 

オリエントスター モダンスケルトン

画像出典:Amazon

『オリエントスター モダンスケルトン』は、機械が正面から見えるという点でも、自動巻きという点でも似ていて、かなり迷われる方が多いです。

  • ハミルトン オープンハート
    →クールなカッコよさ
  • オリエントスター モダンスケルトン
    →機械感のある男臭いかっこよさ

が大きな違いになってくるところでしょう。

機械の質も価格もかなり近いレベルなので、見た目で選んでいくことをおすすめします。

関連記事

コストパフォーマンスが高い国産時計として人気のオリエント。 1万円台からラインナップがありますが、職人がこだわりぬいて作っているので、専門...

 

カシオ オシアナス

画像出典:Amazon

オープンハートとは、ちょっと一味違いますが、オシアナスは、オープンハートはもちろんハミルトン自体とも迷われる方が多いです。

同価格帯で、電波ソーラーを内蔵していて、作りもかなりしっかりしているので、正直使いやすさはオシアナスに軍配が上がるでしょう。

ただ、私もオシアナスとオープンハート迷ってオープンハートにしましたが、一切後悔はしていません。

関連記事

オシアナスは、カシオ最高峰のコレクションで、国産腕時計の中でもトップクラスの質を誇ります。 こだわりぬかれた素材、故障の少ない電波ソーラー...

 

ハミルトンが気になっている方に人気の記事

アメリカ発のブランドで、軍用時計としても使われていた『ハミルトン』。 一般の方からは、ちょっといい時計、マニアからはコスパ最強時計と言われ...
「ハミルトン」は、アメリカの腕時計ブランドで、コスパが非常にいいと言われ、人気の腕時計です。 女性受けも良いとされていて度が過ぎた高級時計...
予算5万円で腕時計を考えた場合、非常に多くの種類があります。 国産の技術力が高いもの、海外ブランドのおしゃれなもの、ソーラー電池や電波機能...

 

まとめ

今回は、利用した経験から、『ハミルトン オープンハート』の魅力を紹介しました。

『ハミルトン オープンハート』は、私が使っている時は、少し時刻ズレが大きいという点だけ気になっていましたが、今は機械も改良されたので、本当に完璧な腕時計です。

  • 高いデザイン性
  • 正確な時刻
  • 服装に合わせやすい
  • 10年20年と長期にわたり使うことができる

という点から、非常におすすめできます。

実際使ってみて、最高の腕時計だと思ったので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

元腕時計販売員が語る!セイコー セレクション SBTM249の5つの魅力とメリッ...

【使用レビュー】ノードグリーン パイオニアの魅力と使ってみた感想!

元腕時計販売員が語る!ハミルトン パイロット パイオニアの5つの魅力!

【使用レビュー】ブライトリング ナビタイマーの魅力と使ってみた感想!

【使用レビュー】ノードグリーン フィロソファの魅力と使ってみた感想!

アンティークIWC「オールドインター」の魅力とは?使ってみて感じたメリットデメリ...