【元販売員が厳選】おすすめの腕時計の革ベルト15選!人気ブランドを徹底比較

大人っぽい印象を作ってくれ、カジュアルはもちろんスーツなどのフォーマルファッションとの相性もいい革ベルト。

よほど特殊な形でない限り、どの腕時計にもつけることができ、様々な表情を楽しむことができるでしょう。

今回は、腕時計販売員の経験、そして自身も腕時計の革ベルトを10本以上買ってきた経験から、おすすめの革ベルトを紹介していきます。

革ベルトは奥が深くて、色々知っていくと楽しいので、ぜひチェックしてみてください。

 

革ベルトのメリットデメリット

まずは革ベルトのメリットデメリットから紹介していきます。

腕時計のベルトの中でもメタルのベルトと並んで人気の革ベルトですが、デメリットもあるので、しっかり確認していきましょう。

メリット

革ベルトの腕時計を使うメリットは、以下の4つです。

  • 落ち着いた印象を醸し出せる
  • 模様、カラーバリエーションが豊富
  • 使っていくと味が出てきてかっこいい
  • かなり薄いものもあり使いやすい

革ベルトは、やはり大人の落ち着いた印象があると答える方が非常に多く、落ち着いた雰囲気を演出してくれるでしょう。

また、革の種類によって模様も変わってきますし、最近はブラックやブラウンだけでなく、ネイビーやレッド、グリーンといったカラーもあるので、色々選ぶことができます。

さらには、使っていくと革に味が出てきて変化を楽しめるのも魅力でしょう。

薄いものだと2mm程度のものもあり、非常に使いやすいので、ぜひ色々見てみてください。

デメリット

革ベルトの腕時計を使っていくデメリットは以下の2つです。

  • 汗、水に弱い
  • 腕時計をつけたり外したりがちょっと面倒

やはり革なので、汗や水で嫌な臭いがついてしまったり、傷んでしまうということはメタルのベルトよりは多いです。

さらには、穴に入れるタイプのベルトだと少し取り外しが面倒と感じる方もいらっしゃいます。

一応裏がラバーになっていて水に強いものや、メタルベルトのようにワンタッチで付け替えできるものもありますが、その分費用は掛かってしまうのが現実でしょう。

 

腕時計の革ベルトの選び方

おすすめの腕時計の革ベルトを紹介していくにあたって、ここからは革ベルトの選び方から紹介していきます。

チェックするポイントは、以下の4つなので、しっかり押さえて選んでいきましょう。

  1. 革の素材から選ぶ
  2. 腕時計のベルトのつけ幅をチェック
  3. 厚みをしっかり確認
  4. モレラート、カシスが人気の2強

革の素材から選ぶ

革に使われている素材によって、印象や使い勝手が変わってきます。

主に腕時計の革ベルトに利用される革は「カーフ(牛)」「クロコダイル(ワニ)」「リザード(トカゲ)」「コードバン(馬)」なので、それぞれしっかり確認していきましょう。

素材 特徴
カーフ(牛) 腕時計に多く採用されている一般的な革ベルト。比較的リーズナブルながら耐久性が高い。
クロコダイル(ワニ) 高級時計に採用されている高級皮革。高級感があり、耐久性も高いが安くても2万円程度はしてくる。
リザード(トカゲ) 独特な模様が特徴。きりっとした印象があり、きれいめファッションとの相性が良いものが多い。
コードバン(馬) 光沢があり、上品な印象。シンプルな腕時計との相性が抜群。

見た目も結構違うので、色々見てみて決めても良いと思いますが、よくわからないという方は、万能な「カーフ(牛)」の革ベルトがおすすめです。

腕時計のベルトのつけ幅をチェック

ベルトのつけ幅が合っていないと、つけることができないので必ず確認していきましょう。

基本的には偶数(20mmや18mm)のものが多いですがまれに奇数もあり、ぴったりのベルトを見つけるのが、難しい場合もあります。

その際は、1mm違ってもそこまで気にならないので、1mm小さい(19mm幅の腕時計に18mmのベルトなど)を購入することをおすすめします。

厚みをしっかり確認

革ベルトは、厚みでかなり印象が変わってくるので、しっかり確認が必要です。

  • 腕時計本体が薄い
    →2~3mmの厚みの革ベルト
  • 腕時計本体が厚い
    →3~5mmの厚みの革ベルト

腕時計の本体が薄いのに、厚いベルトを使うとうまくつかないこともありますし、逆に厚い腕時計に薄いベルトだと支え切れない場合もあります。

腕時計の厚さは、だいたい12mmが平均程度で、100円玉を7枚重ねたくらい(硬貨の厚さはほぼ同じなので、他の硬貨でも可)になっています。

それ以上厚い場合は厚め、それ以上薄い場合は薄めと判断して良いでしょう。

そこを目安に腕時計のベルトの厚みをも選んでいきましょう。

モレラート、カシスが人気の2強

革ベルトのブランドの中でも、特にコストパフォーマンスが高く、幅広い方に人気なのが、「モレラート」と「カシス」です。

今回おすすめの革ベルトとして多く登場しますが、この2ブランドは、どのベルトも非常に優秀でここから選べば間違いないでしょう。

逆にこれ以上安いものだと、すぐに壊れてしまう場合もあるので、安くても良いものが欲しいという方もこの2ブランドから探していくことをおすすめします。

 

おすすめの腕時計革ベルト15選

いよいよここから、おすすめの腕時計革ベルトを紹介していきます。

おすすめの基準として、以下の3つの点をクリアしたもののみ紹介していきます。

おすすめの基準
・実際に生の声で評価が高かったもの
・自分の目で見て良いと判断できるもの
・SNSなどもチェックして、腕時計愛好家が使っているもの

 

また、以下の4つの種類に分けて紹介していくので、ぜひ気になる部分から見てみてください。

※タップすると該当箇所に移動します

 

万能で使いやすい!カーフ(牛)でおすすめの革ベルト6選

まずは、一番万能で使いやすいカーフ(牛)でおすすめの革ベルトを紹介していきます。

価格も比較的安く、迷ったらまずおすすめできる革ベルトなので、ぜひチェックしてみてください。

1.モレラート ボーレ

どんな腕時計にも服装にも合わせやすいスタンダードな牛革ベルト!

『モレラート ボーレ』は、革ベルトの中でも特に人気が高く、革ベルトの購入を考えたとき、まず検討してもらいたい1本です。

モレラートは、多くの腕時計店でも導入されていて、プロからの支持も厚く、かなり信頼性が高いブランドとなっています。

こだわりぬいた素材に、しっかりした作りで、長年使うことができるでしょう。

模様がないものも良いですが、こういった少し大きめに模様が入っている方がどんな腕時計にも使いやすいです。

品質はかなり高く、価格も比較的お求めやすいので、迷ったらまずおすすめできる腕時計ベルトとなっています。

厚み 3mm
合う腕時計 ほぼすべて

 

2.BAMBI(バンビ) スコッチガード

撥水加工がされていて、雨や水にも強い腕時計革ベルト!

『BAMBI(バンビ) スコッチガード』は、撥水加工がされていて、雨や水に強い革ベルトです。

普通の革ベルトであれば、長時間水や汗をあててしまうと、劣化が早くなってしまいますが、この『BAMBI(バンビ) スコッチガード』は、それを抑えてくれます。

柄がなく、縫い目も目立ちにくいタイプなので、3針などシンプルな腕時計との相性が良いでしょう。

革ベルトが好きだけど、汗や水が気になるという方は、ぜひこの『BAMBI(バンビ) スコッチガード』を検討してみてください。

厚み 3.5mm
合う腕時計 シンプル、すっきり

 

3.CASSIS(カシス) maui(マウイ)

編み込んだベルトが程よい存在感を放ってくれるおしゃれベルト!

革を編み込むことにより良い存在感を放ってくれ、より腕時計をファッション全体のアクセントにできる『カシス マウイ』。

スーツなどフォーマルでも使えますが、おしゃれ用として持つ方が多く、幅広く使うことができるでしょう。

さらには、牛革の中でも特に上質と言われる6か月未満の牛の革を使用していて、高級感溢れる見た目となっています。

特にシンプルな腕時計で、物足りなくなってきた方におすすめです。

厚み 4.5mm
合う腕時計 少しカジュアル寄り

 

4.モバイルプラス 栃木レザー 腕時計ベルト

独特の光沢で革らしさをより楽しむことができる栃木レザーのベルト!

独特の光沢で、柔らかい印象があり、さらに使えば使うほどなじんでいく栃木レザーを利用した『モバイルプラス 栃木レザー 腕時計ベルト』。

腕時計が安くても、このベルトに替えるだけで高級感が出るとの声もあり、上質な革ベルトとなっています。

カラーバリエーションは6色あり、お持ちの腕時計にぴったりのものを選ぶことができるでしょう。

厚さも2mmと薄めなので、40mm以下の腕時計におすすめです。

厚み 2mm
合う腕時計 すっきり、きれいめ

 

5.Calme(カルム) クロコ型押し レザー 時計バンド

コストパフォーマンス抜群!安くて使いやすい革ベルト

『Calme(カルム) クロコ型押し レザー 時計バンド』は、本革なのに1,000円前後で購入することができるので、コストパフォーマンスが非常に高いです。

クロコ柄になっていて、厚さも3mmなので、幅広く使うことができるでしょう。

そこまで質が高いとは言えませんが、お求めやすく、最低限作りはしっかりしているので、とにかく安い革ベルトが欲しいという方におすすめです。

厚み 3mm
合う腕時計 シンプル

 

6.サイバーエッジインク 腕時計 バンド EMPIRE

ざらついた質感と、縫い目を入れることで良い雰囲気を出してくれる!

今回紹介しているカーフ(牛)革ベルトの中では、かなりカジュアルに使いやすい『サイバーエッジインク 腕時計 バンド EMPIRE』。

少しざらついた質感のベルトで、付け根部分に縫い目を入れることで、カジュアル、ミリタリー感あるベルトとなっています。

こだわった本革を使っているので、質感も非常に良い革ベルトです。

シンプルなデザインや、アンティークっぽいものに味を持たせることも、ごつめの腕時計により迫力を持たせることもできる万能ベルトです。

厚み 厚み2.5mm
合う腕時計 大きめ、ごつめ

 

カーフ(牛)でおすすめの革ベルト比較表

ここまで様々なカーフ(牛)でおすすめの革ベルトを紹介してきましたが、ここで比較して振り返って見てみましょう。

腕時計 特徴
1.モレラート ボーレ

どんな腕時計にも服装にも合わせやすいスタンダードな牛革ベルト!

2.BAMBI(バンビ) スコッチガード

撥水加工がされていて、雨や水にも強い腕時計革ベルト!

3.CASSIS(カシス) maui(マウイ)

編み込んだベルトが程よい存在感を放ってくれるおしゃれベルト!

4.モバイルプラス 栃木レザー 腕時計ベルト

独特の光沢で革らしさをより楽しむことができる栃木レザーのベルト!

5.Calme(カルム) クロコ型押し レザー 時計バンド

コストパフォーマンス抜群!安くて使いやすい革ベルト

6.サイバーエッジインク 腕時計 バンド EMPIRE

ざらついた質感と、縫い目を入れることで良い雰囲気を出してくれる!

※タップすると該当箇所に移動します

 

高級感がある!クロコダイル(ワニ)でおすすめの革ベルト3選

ここからは、クロコダイル(ワニ)でおすすめの革ベルトを紹介していきます。

クロコダイル(ワニ)は、高級感があり、10万円を超える高級時計におすすめなので、ぜひ見てみてください。

1.CousuMain クロコダイルベルト

高級時計におすすめ!コストパフォーマンスが高いクロコダイルベルト

『CousuMain 』は、楽天市場にショップを置く、コストパフォーマンスが高い革ベルトブランドです。

クロコダイルのベルトは、ブランドのものだと5万円以上、ベルトメーカーのものでも3万円前後してきますが、このベルトは2万円以下とコストパフォーマンスが高いと言えます。

また、セイコー向け、オメガ向けなど、ブランドに合わせたベルトも作っているので、色々見ていくとぴったりのものが見つかるでしょう。

非常に品質が高く、クロコダイルとしてはリーズナブルなので、非常におすすめです。

厚み 4.5mm
合う腕時計 ごつめ、大きめ

>楽天市場で詳細をチェック

 

2.モレラート アマデウス

安定した品質でスタンダードなクロコダイル革ベルト!

『モレラート』は、数多くの腕時計店、腕時計修理店でも採用されていて、非常に安心できるブランドです。

腕時計好きにも、一般の方にも愛用者が多く、どんな方にもおすすめできる革ベルトです。

高級感があるので、高級時計とも相性が良いでしょう。

王道の腕時計ベルトブランドなので、外したくない方におすすめです。

厚み 4mm
合う腕時計 ほぼすべて

 

3.マスタークロコダイル アリゲーター腕時計ベルト

マットで上品で落ち着いた印象にしてくれるクロコダイルベルト!

『マスタークロコダイル アリゲーター腕時計ベルト』は、光沢の少ないマットな印象となっていて、腕時計をより上品に仕上げてくれます。

特にシンプルな腕時計に使うと、落ち着いた良い雰囲気が出るので、非常におすすめです。

1970年創業で、50年以上のキャリアがあるので、安心して購入することができるでしょう。

撥水加工もされていて、使いやすさ抜群の1本です。

厚み
合う腕時計 シンプル、すっきり

>楽天市場で詳細をチェック

 

クロコダイル(ワニ)でおすすめの革ベルト比較表

ここまで様々なクロコダイル(ワニ)でおすすめの革ベルトを紹介してきましたが、ここで振り返ってまとめて見てみましょう。

腕時計 特徴
1.CousuMain クロコダイルベルト

高級時計におすすめ!コストパフォーマンスが高いクロコダイルベルト

2.モレラート アマデウス

安定した品質でスタンダードなクロコダイル革ベルト!

3.マスタークロコダイル アリゲーター腕時計ベルト

マットで上品で落ち着いた印象にしてくれるクロコダイルベルト!

※タップすると該当箇所に移動します

 

独特なきりっとした印象が特徴!リザード(トカゲ)でおすすめの革ベルト3選

ここからは、リザード(トカゲ)でおすすめの革ベルトを紹介していきます。

リザード(トカゲ)の革ベルトは、独特な柄できりっとしたかっこよさがあるので、きれいめなファッションをされる方は特に要チェックです。

1.モレラート ボルテラ

独特な存在感と高級感を持った王道リザードベルト!

『モレラート ボルテラ』は、リザードらしい光沢感と、高級感をあわせ持った王道のリザード革ベルトです。

リザードの中でも特に高級と言われる「テジュリザード」の革を使用していて、高い品質を誇ります。

革に詳しくない人でも、普通の革と違うことがわかるくらい高級感があり、非常に品質が高いと言えるでしょう。

先端に向かうにつれかなり細くなっていて、きりっとしたかっこよさがあるので、きれいめファッションにすっきりした腕時計を使っている方におすすめです。

厚み 3mm
合う腕時計 シンプル、すっきり

 

2.カシス テジュ リザード

薄さと程よい光沢で、腕時計をきりっとした印象に!

『カシス テジュ リザード』は、程よい光沢と、2.3mmという薄さから、シンプルな腕時計をきりっとした印象に仕上げてくれます。

裏地には、高級外車に使われている防水カーフを使用しているので、雨や汗にも比較的強いと言えるでしょう。

シンプルで使いやすいベルトながら、定番のカーフ(牛)とはちょっと違ったベルトを試してみたいという方におすすめの革ベルトです。

厚み 2.3mm
合う腕時計 シンプル

 

3.BAMBI(バンビ) 腕時計ベルト リザード

圧倒的なコストパフォーマンスで、リザードベルトを試してみたい方におすすめ

1930年創業の老舗腕時計ベルトメーカーのBAMBI(バンビ)が作るリザードベルトはコストパフォーマンスが高いことが特徴です。

3,000円ちょっととかなりお求めやすく、リザードを試してみるのにも良いでしょう。

素材の質や、編み込みなどの細かい部分まで品質が高く、価格以上の価値があります。

リザードの革ベルトが気になっている方は、ぜひこのバンビのベルトを試してみてください。

厚み 2mm
合う腕時計 シンプル、すっきり

 

リザード(トカゲ)でおすすめの革ベルト比較表

ここまで様々なリザード(トカゲ)でおすすめの革ベルトを紹介してきましたが、ここで振り返ってまとめて見てみましょう。

腕時計 特徴
1.モレラート ボルテラ

独特な存在感と高級感を持った王道リザードベルト!

2.カシス テジュ リザード

薄さと程よい光沢で、腕時計をきりっとした印象に!

3.BAMBI(バンビ) 腕時計ベルト リザード

圧倒的なコストパフォーマンスで、リザードベルトを試してみたい方におすすめ

※タップすると該当箇所に移動します

 

光沢があり上品!コードバン(馬)でおすすめの革ベルト3選

ここからは、コードバン(馬)でおすすめの革ベルトを紹介していきます。

コードバン(馬)は、光沢があり上品な革なので、シンプルな腕時計にぴったりです。

1.CASSIS(カシス) コードバン腕時計ベルト

迷ったらまずおすすめできる品質が高いコードバンの革ベルト!

革の王様と言われる高級皮革「コードバン」のベルトで、最もおすすめできるのがこの『カシス コードバン 腕時計ベルト』です。

素材の品質、作りこみともにトップクラスに優れていて、間違いないコードバン革ベルトとなっています。

さらには、繊維が細かく傷が付きにくいので、長く使うことができるでしょう。

デザインはすっきりしていますが、厚みは4.5mmと少し厚めなので、どんな腕時計にも合わせることができます。

ドレスコードのようなクールな印象にしていきたい方におすすめのベルトです。

厚み 4.5mm
合う腕時計 ほぼすべて

 

2.BANBI(バンビ) 男性用コードバン革製腕時計ベルト

コスパ抜群!高品質でお求めやすいコードバン革ベルト

『バンビ 男性用コードバン革製腕時計ベルト』は、5,000円を切るコードバン革ベルトとしてはお求めやすい価格ながら、革の品質は非常に高いです。

コードバン独特の上品な光沢と、耐久性は備えていて、まず買って後悔することは無いでしょう。

縫い目がはっきりしているタイプなので、スーツなどのフォーマル系の腕時計にはもちろん、カジュアル寄りの腕時計にも使いやすいです。

シンプル系の腕時計との相性が良いですが、カジュアルにも使える万能モデルなので、間違いないでしょう。

厚み 4~3.5mm
合う腕時計 シンプル、すっきり

 

3.FLUCO(フルーコ) ホーウィン シェルコードバン 腕時計ベルト

世界的な革メーカーのコードバンを使った素材の品質が高いベルト!

『フル―コ ホーウィン シェルコードバン 腕時計ベルト』は、ホーウィン社という、世界的な革メーカーのコードバンを使っているので、革の品質はトップクラスと言えるでしょう。

今回紹介する革ベルトの中でも特に光沢があり、上品で高級感のある光沢が、時計をより魅力的に見せてくれるでしょう。

特に革が好きで、違いが分かる方におすすめのコードバン革ベルトです。

厚み 4.3mm
合う腕時計 シンプル、すっきり

 

コードバン(馬)でおすすめの革ベルト比較表

ここまで様々なコードバン(馬)でおすすめの革ベルトを紹介してきましたが、ここで振り返ってまとめて見てみましょう。

腕時計 特徴
1.CASSIS(カシス) コードバン腕時計ベルト

迷ったらまずおすすめできる品質が高いコードバンの革ベルト!

2.BANBI(バンビ) 男性用コードバン革製腕時計ベルト

コスパ抜群!高品質でお求めやすいコードバン革ベルト

3.FLUCO(フルーコ) ホーウィン シェルコードバン 腕時計ベルト

世界的な革メーカーのコードバンを使った素材の品質が高いベルト!

※タップすると該当箇所に移動します

 

この記事を読んでいる方に人気の記事

腕時計を使っていると、嫌な臭いがしてくることもあるかと思います。 そんな嫌な臭いの正体のほとんどは、革のベルトが原因になっています。 ...
腕時計のベルトって色々あって悩みますよね。 それぞれのベルトにメリットデメリットあって、合うものを選んでいくことで、腕時計がグッと使いやす...
メタルや革を始め、様々な種類があり、使い勝手に関わってくる腕時計のベルト。 どのベルトを使うかは、ファッション面にも使い勝手の面にも大きく...
腕時計を使っているとベルトが劣化してくることがあるかと思います。 革のベルトであれば、穴が避けてしまったり、ボロボロになってしまったり、金...

 

まとめ

今回は、腕時計販売員の経験から、おすすめの腕時計革ベルトを紹介しました。

腕時計の革ベルトは、落ち着いた上品な印象がありながらも、メタルベルトに比べると軽く、魅力的なベルトです。

今回紹介した腕時計のベルトは、

  • 実際に生の声で評価が高かったもの
  • 自分の目で見て良いと判断できるもの
  • SNSなどもチェックして、腕時計愛好家が使っているもの

といったポイントで厳選したので、ぜひチェックしてみてくださいね。

<<おすすめの腕時計革ベルトに戻る>>

関連記事

腕時計の必要性とは?元販売員で腕時計マニアが徹底解説!

使いやすい腕時計はどれ?腕時計とファッションの合わせ方!

腕時計の選び方!種類、ベルト、目的、予算から合ったものを選ぼう!

スマートウォッチでできることは?元販売員が使い方や機能を徹底解説!

【元腕時計販売員が監修】一生物の腕時計の選び方とおすすめブランド!

フォーマルな場面にはどの腕時計がいい?選び方とおすすめの腕時計!【メンズ&レディ...